ぼくのうた

いきてるよ

これといって なにもないけど
ぼくは いきてるよ
 

| | コメント (0)

ぼくのうた

かなしいこと

くるしいこと

つらいこと

あるけれど…

ぼくのうたは絶望しない

だから 安心してね

| | コメント (0)

いつまでも

この おもい
きみに とどくかな?

その おもい
ぼくに とどいたよ

ずっと いつまでも
いっしょにいようね

| | コメント (0)

存在価値

ある人は言った
『自分の価値は、
 他人が決めるもの』


けれど ぼくは思う


蔑む声を聞き
自分を罵倒する声を聞き
自分の存在を否定する


そんな人たちに
ぼくの価値を決められてたまるか

……って


みんな同じように
生きているのに


どうして
価値をつけるのだろう


どうして
相手を罵るのだろう


みんな同じ地上にいて
みんな同じように
心臓が動いてるのに…


なんだか かなしいね

| | コメント (0)

ゆき

ふわふわ まっしろ

きれいだけど

おおくなると きけんだ

つるっと すべったり
やねが おしつぶされたり

きれいだけど


やっぱり

ほどほどなのが ちょうどいいね

| | コメント (0)

クリスマスまでに…

ジングルベルは まだ早い
 
くーちゃんが、一足先に
クリスマスを満喫☆
 
 
 
サンタクロースになってます
 
 
プレゼントは誰にあげるのかな?

| | コメント (0)

寒くなったね

寒くなってきたね

そろそろ秋も終りかな?

夕方五時には 真っ暗だ

コタツにくるまり
ゴロゴロと…

まったりしたい一日がある

でも ちょっと早いかな

| | コメント (0)

まよいながら

迷いに 迷って 逆戻り

こうだと思って違ってたり

なんで こうも違うのかな?

思ったことと
出来ること

違うから 大変で
違うから たのしい

ぼくは いまを考え中

しあわせになりたい
しあわせになりますように

| | コメント (0)

ずっと報知でごめんなさい

このブログ ずっと 報知状態

それでも消せないのは 思い出がつまってるから

たくさんの笑顔 たくさんの夢 たくさんの希望

それらは ぼくだけじゃ満たせなくて

これを見てくれる あなたがいるから

ぼくは こうして 元気でいられる

こころから ありがとう

そして ごめんなさい

| | コメント (0)

あしあと

あしあと

砂浜に 思い出が残る

僕は消さないように歩いた

そっと そっと


彼女と僕と犬


彼女は長い髪を揺らしながら

僕と手を繋いでくれた

アイツったら 君の周り

うろちょろしながら

君の側にくっついてる


少し 僕は焼きもちを焼いた


彼女と僕と犬


いつだってアイツは

僕と君の中に入らないね

君が引っ張ってるのも

あるかも知れないけれど

彼女と僕と犬

君と共に歩む一歩が嬉しくて

ついつい大股になるのを抑え

小さな歩幅の君に合せる僕


彼女と僕と犬


他には何もないけれど

僕は今日

君といられて良かった

※砂浜の足跡を見て、想像して書きました。
何故か、男視点の方が書きやすいって……不思議だなぁ(苦笑)

| | コメント (5)

より以前の記事一覧